家パチで遊ぶ為の付属品

付属品

パチンコ実機を購入する時は、付属品がどこまで揃っているかに注意しましょう。特に電源は重要です。以下の項目で詳しく説明しますが、電源が家庭用の100Vに対応したものでないとコンセントに挿した瞬間に壊れます。

音量を調整するボリュームも極小まで音を絞れるように後付ボリュームがついていた方が良いです。ホールで使用するのが前提の為、純正ボリュームでは最小まで絞っても大きな音がなります。音の問題は隣人トラブルの元となりますのでご注意下さい。

家庭用電源対応

初期状態のパチンコ台はホールが使う為だけに作られている為、全メーカー共通で24Vでしか動きません。一般家庭は100Vですので、トランスを使って家庭用電源で使える100V用に変換しないと単なるオブジェとなってしまいます。専門ショップで売られているパチンコ台は100V用に変換処理がされているものが多いので、基本はそのまま挿して使えます。ホール仕様のまま手元に届いた場合はご自分でトランスを用意して100Vに変換してからコンセントに挿して下さい。

ボリューム関係

パチスロ同様、音の問題は非常に重要です。ホールから引き上げてきたばかりの台は、2~3段階のボリューム調節しかできません。最小までツマミを下げても大きな音がします。買う前に無段階のボリューム加工がされいるかを必ず確認して下さい。ついていない場合は自分でボリュームを買ってきてつける必要があります。音はプレイを楽しむ為に必要なものですので、イヤホンコンバーターなどを買って楽しむ事をおすすめします。今は4ch対応のものも出回っていますので、安価でクリアな音がお楽しみいただけます。

ドアキー

ドアキーは必須です。釘調整をするのに開ける必要がありますし、玉詰まり(ブドウ状態)になった時にも開けなければなりません。電源ON・OFFやエラー解除時にもドアキーは必要です。後で買うのは面倒なので最初から付いている台を買いましょう

パチンコ台はスタートチャッカーに玉が入らなければ遊べません。今は玉無しでもデジタルが回転するようなオプション機器も販売されているので、玉がぶつかる音が嫌な方はそれらを買った方がいいでしょう。しかし、玉を打ち出して遊ぶのがパチンコ本来の楽しみ方ですので、ある程度の玉は用意した方がより楽しめます。

取り扱い説明書

説明書はあった方が便利です。専門的な商品の為、素人にはわからない事も多いです。オリジナルのものは流通する事はないので、説明書をわかりやすく作っているショップもあるので、そういうところは次も買いたくなりますね。

ドル箱

玉を使って遊戯する場合はドル箱はあった方が便利ですし、ホールで実践してる感もありますね。特に必須アイテムではありませんが、購入時に付けてくれるショップが多いので、もらっておきましょうw

パチンコ買うなら家ぱち王国